たんぽぽハウス、甲子園を目指す

雲は湧き、
光あふれて。

純白の球を全力で追う
高校球児を見て思った。

たんぽぽハウスが甲子園を目指すとしたら、
どうすればいいだろう。


早速、
打順とポジションを考えてみた。


1番 センター 高円寺
2番 ライト 大塚
3番 ピッチャー 高田馬場
4番 サード 上野広小路
5番 キャッチャー ヴァンベール西葛西
6番 ファースト 浅草
7番 レフト 本八幡
8番 ショート 門前仲町
9番 セカンド 砂町銀座


いい。
なかなかいい。



1番の高円寺は1年生ながら、
才能を買われての抜擢だ。

まだ粗削りながら、
伸びしろが大きく勢いがある。
彼はピッチャーもこなす。
次期エース候補だ。


2番の大塚は、
打率も高く、長打も狙える。
繋ぎたい時も攻めたい時も
活躍してくれる頼れる選手だ。

実際は、1・2番を
門前仲町・砂町銀座の
下町いぶし銀コンビにする案もあったが、
彼らはあえて、8・9番に回し、
勢いを重視した1・2番のオーダーとした。

ちなみに、
門仲・砂町の二遊間は
鉄壁の守備力を誇る。


クリーンナップは、
馬場・上野・西葛西
の強打者で固めた。

絶対的な4番打者、
上野広小路を中心に
長打で得点を狙う。


クリーンナップでランナーを
返しきれなかったとしても、
6番に浅草が控えている。

彼はまだ発展途上ながら、
他のチームならどこでも
4番を打てるポテンシャルを秘めている。

クリーンナップを抑えたとしても、
まだ気の抜けない、
相手投手としては嫌な打線だろう。


走力も高い7番本八幡の後、
影の1・2番、
門仲・砂町の3年生コンビを挟んで、
また1番へと戻る。

クリーンナップを中心に据えつつ、
どこからでも点を取れる、
良い打線だ。


守備の面でも、
キャプテンでキャッチャーの
西葛西を中心に
堅い守備を誇る。

最速147kmのストレートと
鋭いスライダーを武器に
三振の山を築く高田馬場。

前述した
門仲・砂町による
鉄壁のいぶし銀二遊間。

守備範囲が広く、肩も強い
本八幡・高円寺・大塚の
外野3選手。

バランスの取れた良い守備陣だ。



控えの選手を見てみよう。

【内野】
亀戸
人形町
小島
駒込

【外野】
新小岩
小岩
平井
南行徳

【捕手】
ワンズモール
妙典


代打の切り札として活躍するのは、
ワンズモール。
ここぞという時の一発があるので、
相手チームは、注意が必要だ。


人形町は、
リリーフピッチャーとしても起用される。

サイドスローの変化球投手で、
チェンジアップとシンカーを得意球とする。


以上が、
たんぽぽハウスが
甲子園を目指すに当たっての
現状のオーダーだ。


バランスが良く、
死角のないチーム編成だ。

しかし、連戦して
レギュラーが疲労したり怪我したり
した時に若干、不安が残る。


控え選手の底上げがなされることに加えて
高いポテンシャルを持つ、
1年生の高円寺、浅草が 
存分に伸びていくこと。


これがあれば、
過酷な夏の連戦を勝ち切ることのできる、
より強固なチーム編成がなされることだろう。


今後も
甲子園を目指して、
たんぽぽハウスは頑張っていこうと思う。


栄冠よ、
我に輝け。


2019年08月15日