浅草店オープン(前編)

たんぽぽハウス浅草店がOPENしました。

売り場面積約60坪、
店頭在庫約8000枚。

たんぽぽハウスでは、
西葛西本店、上野広小路店、砂町銀座店に次いで、
4番目に広いお店となります。

店舗規模もさることながら、
下町を拠点として、一歩一歩大きくなってきた私たちとしては、
「浅草」というメジャーかつ象徴的な立地に出店できたということに、
喜びもひとしお、といったところもあります。

そんな期待の新店舗、
浅草店のオープンまでのお話しを今回はしたいと思います。



春。

たんぽぽハウス内に、
あるニュースが舞い込んできました。


なんと。
そうか。

浅草って、すごく良いところだよね。
すごーい。
(けど、すごく家賃高いよね?)
5月下旬って、結構すぐだよね。
楽しみだなー。
(ていうか、間に合うの?)

いや、違う。
これは、神のお告げ。

「たんぽぽハウス 浅草店 五月下旬 OPEN」
→ 浅草の店を、すぐに開けて、絶対成功させるのだ。

ということか。
なるほど。
分かったぞ。

こうなれば、やるしかない。
神は毎月25日、私たちの銀行に振り込みをしている。


事情はともかく、
一刻も早くオープンの準備をする必要がある。
前のテナントさんが出ていき、
私たちが出入り出来るとなるやいなや、
すぐさま現地へと向かった。

すぐに什器を入れて、
服を並べ、
店をオープンするのだ。

さあ、今こそ、
と現場に乗り込んだ私たちが見たのは、
こんな状況だった。


あかん。
間に合わへん。

もう五月やし。
謎の大きな物が置いてあるし。
なんか、ガタガタやし。

思ってたのと違う。


思い切って、
現実逃避を兼ねて、
浅草観光に出かけることにしました。

帰ってきたら、
現状が良くなっていればいいな。
そんな淡い期待を抱いて。

うわぁー、スカイツリーだー。
高っけー。
おぉー、雷門だぁー。
人がいっぱいいるなぁー。
これが、仲見世かー。
小さなお店がたくさん並んでて楽しいなー。



・・・一通り観光を終え、
店に戻ってみる。

すると!?
床が、・・・きれいになってる?
ガタガタだった床が、おしゃれなかんじに変わっている。

これは良かった。

でも、お店を開けるにはまだまだ。
このままでは、間に合わない。

再度、
現実逃避を兼ねて、
浅草観光に出かけることにした。

帰ってきたら、
現状が良くなっていればいいな。
そんな淡い期待を抱いて。

うわぁー、スカイツリーだー。
やっぱ、高っけー。
仲見世も、
人がいっぱいいるなぁー。
これが、浅草寺かー。
おみくじ引かなきゃなー。



・・・一通り観光を終え、
店に戻ってみる。

すると!?

なんか、すごいきれいになってる!?
壁もキレイだし、おしゃれな台も置いてある。

これは良かった。

これなら、間に合うかもしれない。
急いでオープンの準備を進めるぞー

(次回に続く)
2017年07月14日