浅草店オープン(後編)

たんぽぽハウス浅草店がOPENしています。


ビルの1Fなのですが、
入り口がちょっと奥まっていて、
見つけづらいかもしれません。

なんとか発見して、ご来店ください。
中はクーラーが効いていて涼しいですよ。
あと、服がたくさん売ってます。安く。


と、いうわけで、
運命の浅草店オープンのお話し、
後編(END OF THE WORLD)です。


心の中のリトル・タンポポが、
「浅草に出店したい」とのことで、
浅草店を出店することになった私たち。

ふいにオープン日が決定しました。
5/23となりました。
なんと、あと3日しかありません。
果たして、間に合うのでしょうか。


オープン3日前の現状です。

前回、(浅草オープン前編
荒れ果てていた店内は、
浅草観光をしている間に、なんとか美しく変貌を遂げました。


作業台を調整している人がいます。
店内を美しくしたのは彼なのでしょうか。

とにかくこのままでは、
お店はオープンできません。

什器を入れ、
服を並べる必要があります。
私たちは、服屋なのです。


倉庫から。
既存のたんぽぽハウス各店から。
閉店するたんぽぽハウス行徳店から。

什器や服を運びます。


浅草店に運び入れます。


置きます。


まだまだ足りません。
次々に各所から物を集めます。


おっと、作業台の調整が続いています。
それにしても、店内を美しくしたのは彼なのでしょうか。

それはそれとして、
什器や服を運びます。


浅草店に運び入れます。


置きます。


作業台は調整中です。


まだまだ足りません。
什器や服を運びます。


浅草店に運び入れます。


置きます。


作業台はもちろん調整中です。


今日の搬入はここまで。

作業台の調整は、
引き続き深夜まで続いたとか続いてないとか。
それにしても、店内を美しくしたのは彼なのでしょうか。




OPEN2日前。

1、各所から、在庫を運び入れる作業
2、服をラックにかける作業
3、服のかかったラックをレイアウトする作業

の3つが残っています。
8000枚の服を集め、100本以上のラックにかけて、
キレイに並べなければいけません。

正直、残された時間から考えると、
厳しい状況です。

もしかしたら、間に合わないかもしれない。
もう、浅草観光に行ってる場合じゃない。

そんな私たちに再度、
幸運が舞い降りました。

・・・服がラックにかかってる。
それも、ものすごい量。

・・・彼なのでしょうか。



考えている時間はありません。
ラックを並べる作業に取り掛かります。

運ぶ&かける、の作業も終わっているわけではないので、
同時進行で進めていきます。


今日の作業はここまで。
準備に許された時間は残り一日。
なんとか間に合いそうなところまで来ました。




OPEN前日。
お客さんに来てもらえる段階までもっていかねばなりません。
気合がものをいう段階になりました。


外国人観光客の方にも楽しんでもらえるよう、
入り口に浴衣のマネキンを用意してみました。


在庫を運び入れる。
ラックに服をかける。
ラックを並べる。
をひたすらこなします。

商品案内の店内POPも
併せて設置していきます。


お店の電話を開通させたり、
レジを用意したり、
消耗品の業者さんとの連絡をとったり、
細かい各所との調整作業も次々にこなしていきます。


作業は進んでいきます。
果たして、間に合うのでしょうか。





そして、
OPEN当日。






じゃじゃーん。


じゃじゃーん。


じゃじゃーん。


じゃじゃーん。


じゃじゃーん。

OPEN当日の様子を、写真と擬音のみでお送りしました。
なんとか間に合いました。

売り場面積約60坪、
店頭在庫約8000枚。

たんぽぽハウスでは、
西葛西本店、上野広小路店、砂町銀座店に次いで、
4番目に広いたんぽぽハウス浅草店の誕生です。


場所は、浅草駅から雷門通り沿いに。
国際通りと交わる雷門一丁目交差点を右折。
少し歩いた右手側。
ビルの1F、少し奥まったところにあります。

現在、
オープンから一ヶ月以上経ち、
既にたくさんのお客さんにご来店頂いています。

お店も、よりお客さんに楽しんでもらえるように、
また変わり続けています。

期待の新店、たんぽぽハウス浅草店。
是非、お立ち寄りください。

2017年07月21日